日中文化芸術専門学校
Select Language

2017年日中文化芸術専門学校新入教職員研修会

2017年06月21日更新

   日中文化芸術専門学校は2017年3月28日から、6月15日にわたり、2017年度の新入職員を育成するため、第16回の新人研修を行いました。学校が求める特性や能力を持つ人材を適切に育成するため、研修を実施しております。
   今回新人研修は学習期間が長くなるので、学習内容の定着力がアップしました。その結果、研修効果をしっかり把握することができました。また、通信研修で明確になった弱点を「集合研修」で補強できるなど、効率的に実践力を養えました。
   6月15日の最後研修内容は「職場のコミュニケーション」。「日本は礼儀を重んじる国」だと言われているため、マナーは何よりも大事なこと。第一生命のコンサルティング業務担当榎元さんにお越しいただき、講義を聞いていただきました。「コミュニケーションの重要性」、「上手な話し方」、「好感を与える聞き方」、「敬語を上手に使う」及び「第一印象を決める身だしなみ」について、詳しく学びました。
   新卒の職員は自分の意思を伝えたい気持ちは強く、周りからどう見られるかを気にしつつ、自分から人と関わり、お互いの意見を交えながら意思表示することが苦手なタイプが多い。筋道を立てて説明することや、熱意で周囲を巻き込むことも苦手な傾向があります。そういう具体的な悩みについて榎元さんからアドバイスをしていただきました。

学校提携

コミュニケーションのポイントを学ぶ


学校提携

正しい敬語を使う


学校提携

挨拶言葉を練習する