日中文化芸術専門学校
Select Language

平成30年 日中文化芸術専門学校入学式

2018年4月6日更新

   平成30年4月6日、クレオ大阪中央ホール(大阪市天王寺区)にて、午後2時半から日中文化芸術専門学校入学式が行われました。



   本校理事長・校長の張永勝をはじめ、副校長の羅晶、副校長・理事長補佐の大森優美、副校長の愛甲芳華、各学科の学科長、担当教員、その他複数名の教職員が参加しました。



   張理事長・校長は式辞を「梅・桜・桃・バラや百合など、様々な花があればこその彩り、自然の豊かさです。それぞれが精一杯咲くことで、百花繚乱の姿を生み出しています。学校もまた同じで、それぞれの学生の顔も違えば性格も違います。好みや物の見方・考え方も異なる人がいて、それぞれの持ち味を存分に発揮してこそ豊かな文化が生まれ、君たちの素晴らしい人生へとつながっていくのです。」と、このように述べ、新入生を激励しました。



   株式会社リゾ−トライフ会長の柴山勝也様、株式会社リゾ−トライフ秘書の宮崎晴美様、株式会社リゾ−トライフの吉川可菜子様、大阪国際教育学院学院長の橋本治夏様、中国社会芸術協会副主席程建銅様、大阪帰国者華人華僑連合会会長の斉会発様、株式会社日中文化旅行センター専務取締役の毛燕様、株式会社日中文化旅行センター執行取締役の陳輝様が来賓として参加しました。


   大阪国際教育学院学院長の橋本治夏様の祝辞



   株式会社リゾ−トライフ会長の柴山勝也様の祝辞

    その後、新入生を代表して中谷天音・DHAKAL RAMESHは、学校規則を守り、学業に励むことを約束し、「校長先生、先生方、そして先輩方にはあたたかいご指導をよろしくお願いします。私たちは日中文化芸術専門学校の生徒として、誇りを持ち、実りがある生活を送るために努力を続けていきます」と、力強く宣誓しました。


   新入生誓いの言葉

   最後に全員で日中文化芸術専門学校校歌を歌い、張連生先生の素晴らしい二胡の演奏を聞いた後、2018年の入学式は閉式となりました。



   (観光・通訳ガイド専攻学科1年1組)



   (観光・通訳ガイド専攻学科1年2組)



   (観光・通訳ガイド専攻学科1年3組)



   (日中通訳学科1年1組)



   (日本語・日本文化学科1年1組)



   (日本語・日本文化学科1年2組)



   (日本語・日本文化学科1年3組)



   (日本語・日本文化学科1年4組)



   (日本語・日本文化学科1年5組)



   (日本語・日本文化学科1年6組)



   (日本語・日本文化学科1年7組)


   悔いの残らないよう、充実した学校生活を送っていきましょう。教職員も全力でサポートにまわります。ご入学、誠におめでとうございます!